ビットカジノをビットコインでオンラインカジノ

ビットコインでプレイするビットカジノです。これからのオンラインカジノを切り開いています。様々なメリットがあると言われているビットコインですが、ビットカジノの魅力はそれだけではないようです。

【本ページはプロモーションが含まれています】


ビットカジノ

仮想通貨ビットコインとは

ビットカジノについて調べています。

こんにちは尾藤弧院(びとうこいん)です。

 

ビットカジノの仮想通貨ビットコインについて調べてみました。


というか、ビットカジノはビットコインのためのカジノですよね。
いまでこそ、ビットコイン以外にもたくさんの暗号通貨が使えますが、原点はやはりビットコインです。

ビットコインは今でも人気の暗号資産です。

仮想通貨、暗号資産など色々と呼ばれますが、ビットコインはその代表です。

仮想通貨の魁的存在であり、最も普及している通貨でもあります。


仮想通貨は仮想化されたデジタル空間で扱われるk通貨のことでオンラインでのみ使用可能です。


ビットコインで始まった仮想通貨も今では数千種類が存在します。
一説によると数万種類あるそうです。

 


ビットコインは分散化され、ブロックチェーン上で実行されています。
ブロックチェーンの技術は現在も仮想通貨の基本中の基本です。

ビットコイン取引では個人のオンラインウォレットから別のウォレットに通貨を送れるので、直接自分のお財布からお金を支払うのと同様扱えます。


以上、尾藤弧院でした。

 

ビットカジノ 禁止地域

ビットカジノについて調べています。

こんにちは尾藤弧院(びとうこいん)です。

 

ビットカジノの禁止地域について調べてみました。

他の多くのオンラインカジノもそうですが、ビットカジノにも禁止地域があります。

 

禁止地域からはアカウントの開設も使用も許可されていません。
なぜこんな地域があるかといえば、ライセンス、法律などが関係します。

 

いずれにしてもアクセスをしてはいけません。

 

日本からのアクセスは問題ありませんが、禁止地域からのアクセスはできません。
旅行などでパソコンやスマホを海外に持っていき、そこからアクセスをするのが問題になるでしょう。

 

禁止国の中にはアメリカ合衆国(およびその従属国、軍事基地、領土)やイギリス、ドイツ、オランダ、フランス、ベルギーなども含まれています。

 

海外旅行に行った際にオンラインカジノをしたくなったら禁止地域を必ず調べておかないといけません。

 

というか、海外旅行に行った際はオンラインカジノをしないほうが無難です。


以上、尾藤弧院でした。

ビットカジノのライセンス

ビットカジノについて調べています。

こんにちは尾藤弧院(びとうこいん)です。

ビットカジノのライセンスについて調べてみました。

ビットカジノのライセンスはキュラソーです。
オランダ王国の構成国ですが、オンラインカジノでは有名な国です。

南米の近くなのですが、カリブ海に浮かぶ島国のひとつですね。


ライセンスはキュラソーEゲーミングですね。

ムーンテクノロジーズで取得しています。


つまりはビットカジノもKYCをしているということですね。
ということで、アカウント認証も必要に応じて要求されます。

以上、尾藤弧院でした。

ビットカジの運営国

ビットカジノについて調べています。

こんにちは尾藤弧院(びとうこいん)です。

 

ビットカジノの運営国について調べてみました。

ビットカジノはMoon Technologies B.V.が運営しています。

ムーンテクノロジーズですね。

素敵な名前です。

会社の住所は以下のとおりです。

Kaya Richard J. Beaujon Z/N Landhuis Joonchi II Curacao


最後に書いてある Curacao が、キュラソーのことですね。
つまり運営している国はキュラソーです。


キュラソーオンラインカジノ業界では有名な国ですね。

多くのカジノがコチラで運営をしていて、
コチラのライセンスを取得しています。

以上、尾藤弧院でした。

 

仮想通貨の使えるオンカジ:ビットカジノ

ビットカジノについて調べています。

こんにちは尾藤弧院(びとうこいん)です。


仮想通貨の使えるオンラインカジノについて調べてみました。


仮想通貨の使えるオンラインカジノ
増えてきていますよね。

ビットカジノがもちろん代表格です。


テザー (USDT):

トロン (TRX):

イーサリアム (ETH):

ビットコイン (BTC):

バイナンスコイン (BNB):

バイナンスUSD (BUSD):

リップル (XRP):

ライトコイン (LTC):

オープンネットワーク (TON):

マティック (MATIC):

USDコイン (USDC):

11種類もあります。


さすがです。
なかなかここまでは揃いません。


以上、尾藤弧院でした。



【広告】


ビットカジノ